チェリーボンボン

去年の6月にキルシュに漬けておいたさくらんぼ、仕上げました。

まずはフォンダンづくり

スタンドミキサー使うとラクチンです。

画像


まるで餅。この作業を5回。

画像


乾いたフォンダンが溶けはじめる前にチョコがけ。

テンパリングを終わらせたチョコを事前に準備しておかなければなりません。

段取りが重要なお菓子です。

画像


チョコ包むのにも半日かかりました。

最後の最後に、効率よく美しく包む方法発見しました。

来年に生かします。

画像


残りの柚子も仕上げました。

画像


画像


ブルーム出てたの大量にあったので、さらにチョコがけして

バローナのココアパウダーでまぶしました。チョコ感すげえ

画像



合計10キロ使用し、余った状態の悪いチョコは1kありました。

チョコの賄いのおかし。

画像


ロッキーロード

画像




肩こりからくる頭痛と闘う2週間でした(;´Д`A ```

3月に刊行する地方紙の取材依頼もあるのですぐに柑橘ジャムにかかります。

この記事へのコメント

ぶたん
2017年02月15日 06:00
お疲れ様でした!
量が、すごいです。尊敬です( 〃▽〃)
とらにゃん
2017年02月15日 17:45
チェリーボンボン、無理~って思っちゃいました。
貴重なボンボン、大事にいただきます。
そっか、ブルームでちゃったら上から重ねてもいいんだね。学習しました。
うちはやっと1.5キロがなくなったくらいです。
ふふ
2017年02月15日 17:51
ぶたんさん、年々生産量が増えてて、今年はチェリーボンボンの出来がいまいちでした(;´Д`A ```
量が増えてもきれいに作れるようになりたいです。
ふふ
2017年02月15日 17:54
とらにゃんさん、チェリーボンボン簡単なんですよ。丁寧に作ればちゃんとお店レベルなります。

オランジェットのブルーム、チョコがすぐに固まったのでちゃんと確認しないで作業進めちゃったんですよ。疲れてきても丁寧な作業大切だと痛感しました。ブルーム出たのお家用です。ココアかけたら口どけ悪いのごまかせますよ。賄が大量にあるので家族は喜んでます。

この記事へのトラックバック